• 2020/07/21
  • スタッフブログ

痛くない治療ってどうやるの?

こんにちは。武蔵小金井ハーヴェスト歯科 秋山です。
本日は痛くない治療っていうけど、どうやって痛くなく治療ができるの?という疑問にお答えいたします。

まず歯科では今でも麻酔を使用します。(昔と違うのは麻酔の中のある添加物がなくなりアレルギーが出にくくなったことで、主成分的には今も一緒です。)

その麻酔が痛いんだよね、、、、、まさにその通り。ぼくも子供のころ麻酔されたとき痛かった経験があります。

ではその痛みにどう対応するか。

答えは、、、、

 表面麻酔と電動注射とテクニック です。

そんなことで痛くなくなるの?とお思いになるかもしれませんが、これができちゃうんです。

完全に痛くないと場合によっては言い切れはしませんが(炎症が強く痛みに過敏になっている状況など) ほぼ えっ?いつ打ったの?
という感じでできます。
 

いたみに弱い方は是非お声がけいただければそのようなやり方で麻酔ができます。
麻酔さえきいちゃえばあとはこちらのもの。その後ももちろん痛くなく治療ができますよ!


やりかたは少々時間がかかるので、ゆっくり時間をかけてでも痛くなく希望!という方はぜひ担当医に遠慮せずお伝えください。
   (多少すこしはいたくてもパパっとおわらせてほしい!という方も是非おつたえください!)


またこんな些細な情報ですが皆さまにお伝えできたらと思います。



              武蔵小金井ハーヴェスト歯科(ソコラ内)  秋山 でした!  

一覧に戻る

あなたにおすすめの記事

カテゴリーCategory
アーカイブArchive